自然と遊ぶlog

アウトドア活動の記録や役に立った道具の紹介をします

渓流釣り(釣れた)

スポンサーリンク

上高井郡の山へ渓流釣りに行った。

今日行く川にはイワナが生息している。

ルアーフィッシングで狙おうと思う。

川の雰囲気は、やや増水気味だけど良い感じ。

f:id:sizento:20190803205333j:plain

f:id:sizento:20190803205315j:plain

 

水深は平均で30~40cm程度の小規模河川だ。

堰堤の下、落ち込み、段差の下の水深がある所を見つけてはルアーを通していく。

最初に釣れたポイントは堰堤の下だった。

f:id:sizento:20190803205310j:plain

 

水深もあって魚が上に行けないので魚が溜まっている。

川の下流側から上流側に向けてルアーを投げて、流れに馴染ませながらルアーを巻いていく。

アップとかアップクロスとか言われている投げ方です。

このポイントではこのようなコースで釣れた。

f:id:sizento:20190804221829j:plain

 

〇がルアーを投げて着水させたところ。

→が巻いてきたコース。

☆がヒットした(釣れた)ところ。

 

15~20cmくらいの濃い色のイワナが2匹釣れてくれた。

f:id:sizento:20190803205300j:plain

f:id:sizento:20190803205255j:plain

f:id:sizento:20190803205327j:plain

 

ルアーを巻いてきて「クンッ」と引っ張られる感覚はたまらない。 

次に釣れたポイントはこんな場所。

f:id:sizento:20190803205343j:plain

 

落ち込みから約1mくらいは水深もあり、隠れ家となる岩もある良いポイントだ。

ここでヒットした。

f:id:sizento:20190803211245j:plain

 

落ち込みのすぐ下から流れを横切るようにカーブさせながら巻いてきたらイワナが追ってきて口を使ってくれた。

10cmくらいのかわいいサイズ。

f:id:sizento:20190803205338j:plain

 

次はここ。

f:id:sizento:20190803205347j:plain

 

で、このコース。

f:id:sizento:20190803211239j:plain

 

流心よこの流れが緩くなっている場所でヒットした。

20cmくらいのが釣れたんだけど写真を撮ろうと思ってもたついていたら逃げられてしまった。

このミスは結構あります。

 

最後にタックルの紹介。

f:id:sizento:20190803205357j:plain

 

ロッド:カワセミラプソディTULT-3114UL

リール:OASYS 1000

ライン:SUPER TROUT Advance VEP Bush Trail 5LB

 

竿へのこだわりは、

やぶの中を進んだりするし、木の生い茂った場所で投げたりするため短い方が良いこと。

リュックの中にすっぽり収めたいのでコンパクトになるタイプ。(振り出しとかテレスコとか)

リールへのこだわりはない。

ラインはyoutubeでこのラインを使っている人が楽しそうに渓流釣りをしているのを見て決めた。

けっこう丈夫だと思う。

 

 

次はルアーの紹介。

f:id:sizento:20190803205351j:plain

 

上から

フローティングミノー:LuiceCreek 1.5gくらい

子供の頃、確かサンタさんがくれたルアーセットの中の一つ。実際に使ったのは大人になってからだった。

シンキングミノー:ディーコンパクト 3.5g

けっこう繊細で針にちょっと葉っぱの切れ端がくっついただけでうまく泳がなくなるのが難点、だが良く釣れる。

スミス(SMITH LTD) ミノー D-コンパクト 3.5g 45mm ヤマメレーザー #6
 

 

スピナー:AR-S 2.1g

買ったとき春だったので数ある色の中から桜のピンク色を選んだ記憶がある。夏に良く釣れる。

 

フック(針)はすべてシングルのバーブレスという、かえしがないタイプに変えている。

理由は魚から外すときにするっと抜けて痛そうじゃないから。

フローティングミノーはしっぽの方しかフックを付けていない。

理由は絡まりにくいし、後ろから追ってきて喰いつくことが多いからだ。

ぼくはトゥイッチという竿先をちょんちょん動かしながらルアーに動きを加える巻き方が苦手なので何もせずただ巻いてくるだけである程度ブルブル動くルアーが好きだ。

ちなみに今回はフローティングミノーとシンキングミノーで1匹ずつ、スピナーでは2匹釣れた。

また行こう。