自然と遊ぶlog

アウトドア活動の記録や役に立った道具の紹介をします

外道たち

スポンサーリンク

釣り用語で外道とは狙いの魚以外の魚のことをさす言葉だと思います。

 

海釣りでアジを釣ろうとしたらフグが釣れてしまった。

みたいな。

この場合、外道はフグになる。

ちがっていたらすみません。

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

 

今回は釣りや生き物探しでターゲットとなる生き物を探しているときに出会った「ターゲット以外の生き物」を少し紹介する。

 

① ヒバカリ

f:id:sizento:20190831214847j:plain

f:id:sizento:20190831214902j:plain

 

これはカブトムシがなる木

で昆虫を観察した帰りに見つけた。

というより帰り道によこたわっていた。

近づいてもピクリともせず、顔の上をアリに歩かれても動じない。

寝ていたのかな。

しばらくしたらぼくに気が付いて首をグンと反対方向に振って逃げていった。

この日はカブトムシもいっぱい見れて満足していたんだけれどさらに良い出会いもあって大満足だった。

まん丸の目がかわいい。

 

② ヤスデ

f:id:sizento:20190831214943j:plain

f:id:sizento:20190831214933j:plain

 

ヤケヤスデというやつかな。

よくわかりません。

 以前の渓流釣り

で山の中を歩いていたら、背中の一部分が落ち葉の隙間から見えていた。

大きいダンゴムシがいると思って落ち葉をどかしたら長くてびっくり。

ヤスデだった。

ぼくが知っているヤスデより太いし大きかったので撮影した。

手にも乗せてみた。

ちょっと「ゾワッ」とした。

このぐらいのサイズは普通なのかな。

 

③ ヒキガエル

f:id:sizento:20190831214937j:plain

 

渓流釣りでは必ず出会う。

記事にも書いたと思うけど、手に乗せて愛でるのがお気に入り。

手のぬくもりが心地いいのか、おとなしくじっとしていてくれる。

 

④ カワセミ

f:id:sizento:20190831214947j:plain

f:id:sizento:20190831214953j:plain

 

ナマズを釣ろうとして用水路に出かけたときだった。

水路の上をピューッと青くて速いものが通り過ぎ、30mほど向こうの木の中に入った。

瞬時に「カワセミだ!」と思った。

カワセミはもっときれいな清流にいるイメージだった。

ゴルフ場と畑に囲まれた用水路にいるとは思わなかった。

カワセミが入った木に5mくらいまで近づいて良く見ると枝にとまっていた。

そこからしゃがんだままじりじりと距離をつめる。

2mぐらいまでは近づけた。

カワセミは正面を向いていたのでぼくに気が付かなかったのかもしれない。

悔やまれるのがカメラが望遠に弱いこと。

2mの距離からなんとか拡大してまあまあ上手く撮れたのが上の写真になる。

写真はいまいちだけど観察はけっこうできた。

気が付いたことは2つある。

1、鳴き声はスズメに似ていること。

「チュン」て感じだけど「ン」の発音はほとんどないような声だ。

2、頭と尾を上下させること。

上下というか尾を動かしながら伸び縮みするような感じ。

理由はわからない。

欲をだしてもっと近づこうとしたら逃げてしまった。

肝心のナマズは釣れなかったんだけど良い経験ができて満足だった。

 

以上。

ターゲット以外の生き物たちでした。