自然と遊ぶlog

アウトドア活動の記録や役に立った道具の紹介をします

ザリガニの捕り方(オフシーズン)

スポンサーリンク

ザリガニを捕まえようとおもう。

捕まえてどうこうするというわけではない。

ただ観察して写真を撮るだけだ。

それだけで楽しい。

夏には小川や水路に山ほどいるけど

この時期はまだ見えない。

隠れて暖かくなるのをまっているのだ。

 

隠れ家1 落ち葉の中

f:id:sizento:20200406095146j:image

 

サギのような敵にも狙われないし

暖かいし落ち着く場所だ。

もしお腹がすいたら同じく隠れている

ドジョウや水生昆虫を食べることもできる。

想像だけど。

 

落ち葉ごと網でガサっとやれば

たくさん捕まえることができる。

でも小さいサイズのザリガニしかいなかった。

f:id:sizento:20200406095217j:image

f:id:sizento:20200406095229j:image

落ち葉の中にいるのは子どもが

多いのかもしれない。

ほかにもドジョウやマツモムシがいたよ。

f:id:sizento:20200406095348j:image

f:id:sizento:20200406095402j:image

 

 

隠れ家2 泥の中

f:id:sizento:20200406095440j:image

 

小川のよこ。

泥の中に穴があいている。

f:id:sizento:20200406095944j:image

 

この穴をたどっていくとザリガニが

隠れていることがある。

いくつか穴を調べてみてわかったのは

穴の中に水がたまっているとザリガニがいるということだ。

こんなふうに。

f:id:sizento:20200406100409j:image

f:id:sizento:20200406100421j:image

 

f:id:sizento:20200406100435j:image

f:id:sizento:20200406100446j:image

 

このように水がなくてすぐ行き止まりになっている穴にはいなかった。

f:id:sizento:20200406100618j:image

 

水の中にいる生きものなので

あたりまえだけどね。

 

あと大きいザリガニが多かった。

ぼくがみたのは2匹だけだけど。

穴に入っているのは大人が多いのかもしれない。

大人は穴を掘る力があるからかもしれない。

 

泥の中にはザリガニしかいなかったけど川の中にはアカミミガメがいた。

f:id:sizento:20200406101125j:image

f:id:sizento:20200406101140j:image

 

もう出てきてるみたい。

寒さに弱い外来種が動きだしていると

いうことは在来種のスッポンも

出てきているということだ。

また捕まえてみようとおもう。