自然と遊ぶlog

アウトドア活動の記録や役に立った道具の紹介をします

線香花火を出す幼虫がいるらしいから探しに行った話

スポンサーリンク

初めて知ったのは子供のころに見た図鑑。

2つの角が生えている幼虫で、その角の先からパァーっと花火みたいなものが広がっている写真がのっていた。

こんな幼虫がいるのかと興奮したのをおぼえている。

今まで忘れていたんだけれど、最近になってなぜかその記憶がよみがえってきた。

だから探しに行こうと思う。

 

 

調べてみたらウラギンシジミというチョウの幼虫らしい。

クズの花を食べるみたいなので時期も良い。

よし、クズが生えている場所に行こう。

 

 

まずは河原に行ってみた。

f:id:sizento:20200813195637j:plain

 

ムラサキ色の花をかたっぱしから調べていく。

f:id:sizento:20200813195620j:plain

f:id:sizento:20200813195604j:plain

 

小さい幼虫がいた。

f:id:sizento:20200813195653j:plain

f:id:sizento:20200813195711j:plain

 

名前はわからない。

ウラギンシジミのほかにもクズの花を食べる幼虫はいるのかな。

 

どんどん見ていく。

f:id:sizento:20200813195747j:plain

 

 

小さいカメムシはたくさんいた。

f:id:sizento:20200813195803j:plain

 

 

どんどん見ていく。

ん!

大きい幼虫がいた。

f:id:sizento:20200813195822j:plain

 

 

ウラギンシジミかな?

f:id:sizento:20200813195841j:plain

f:id:sizento:20200813195856j:plain

 

ちがうかな。

調べてみたらトラフシジミというチョウの幼虫みたい。

さっきの小さい幼虫もトラフシジミかもしれないな。

この日は見つけることができなかった。

あきらめないぞ。

 

 

 

 

2日目

ちがう河原に来た。

f:id:sizento:20200813201158j:plain

 

朝からめちゃ暑いけど、がんばって探していこう。

 

 

さっそく小さい幼虫を見つけた。

f:id:sizento:20200813195928j:plain

 

またトラフシジミかな。

 

 

クズの花をよく見ると食べられたあとがある。

f:id:sizento:20200813201622j:plain

 

ここにはかじったあととフンがある。

f:id:sizento:20200813201232j:plain


ウラギンシジミがいたあとかもしれない。

この辺りにいるかも。

 

 

どんどん見ていく。

 

コガネムシがいた。

f:id:sizento:20200813201251j:plain

 

こいつも花を食べるのか?

 

 

どんどん見ていく。

 

白くて小さい幼虫がいた。

f:id:sizento:20200813201323j:plain

 

これもトラフシジミかな。

ここらへんはトラフシジミしかいないのかもしれない。

さっきの食べあともトラフシジミのものだな。

今日はあきらめよう。

 

その帰りぎわ。

日かげにクズの花が咲いていたので一応見てみた。

すると。

 

いた!

f:id:sizento:20200813201432j:plain

 

わかるかな。

ここだ。

f:id:sizento:20200813201447j:plain

 

この形はまちがいない。

ウラギンシジミだ。

f:id:sizento:20200813201341j:plain

f:id:sizento:20200813201358j:plain

 

指にも乗せてみた。

f:id:sizento:20200813201415j:plain

 

2つの角はおしりのほうにあった。

角のさきっぽには穴があいている。

そこから線香花火を出すのかな。

線香花は敵をおどろかすために出すと思うので、ウラギンシジミのおしりを指でツンツンしてみた。

でもぜんぜん出してくれない。

もう一度ツンツンしてみる。

すると

一瞬だけシュッと何か出てすぐ戻ってしまった。

 0.1秒とかそんなレベルだと思う。

まさかこれだけなのか。

もっとゆっくり出すと思っていたし、出したらある程度そのままにしてくれると思っていた。

もう一度よく見ようとツンツンしたけどもう出してくれなかった。

線香花火を写真におさめるのはそうとう難しいぞ。

 

でもウラギンシジミを見つけることはできたので良かった。

もう少し大きい幼虫なら線香花火も見やすいと思うのでちがう個体を探してみよう。

 

 

 

 

3日目

2日目に行った河原へ別の用事で行った。

ついでにウラギンシジミも探してみる。

さっそく見つけた。

小さめのウラギンシジミ。

f:id:sizento:20200813203913j:plain

 

さいさきが良いぞ。

別の用事はそっちのけでウラギンシジミを探す。

すると。

 

いた!

大きい!

f:id:sizento:20200813203948j:plain

 

わかるかな。

f:id:sizento:20200813204006j:plain

 

2つの角が見える。

f:id:sizento:20200813204026j:plain

 

もうわかったかな。

f:id:sizento:20200813203931j:plain

 

 

ここだ。

f:id:sizento:20200813204058j:plain

 

 

2cm以上はあるかな。

草でツンツンしてみたけど線香花火は出ない。

手に乗せて観察してみる。

するとぼくの指をカリカリかじっている感触がある。

f:id:sizento:20200813204206j:plain

 

もちろん痛くない。

食べ物だと思ったのかな。

小さい目のかわいい顔をしている。

f:id:sizento:20200813204241j:plain

 

かんじんの線香花火はなかなか出してくれない。

f:id:sizento:20200813204149j:plain

 

シャッターチャンスなんだけど。

f:id:sizento:20200813204224j:plain

 

クズの花の上に戻してからまたツンツンしてみた。

すると、おしりをくいっと上げてシュッと線香花火を出した。

それも1秒くらい。

1秒くらい出してくれれば何とか撮影ができそうだ。

 

ツンツンやりすぎてもかわいそうなので少し観察していた時。

何もしてないのにシュッと出した。

あわてて写真をとる。

おしい!

f:id:sizento:20200813204316j:plain

f:id:sizento:20200814204003j:plain

 

線香花火を出して戻したときの白い先っぽだけ撮れた。

じーっと我慢していればまた出してくれるかもしれない。

とにかく観察しよう。

 

5分くらいたった時。

ウラギンシジミがおしりをくいっと上げた。

これは、出るかも。

すると片方の角からシュッと線香花火が出た。

来た!

すぐ写真を撮る。

じゃん。

f:id:sizento:20200813204348j:plain

 

背景が明るくて少し見にくいんだけど。

f:id:sizento:20200814204624j:plain

 

右の角から黒っぽい棒が出てその棒の先からたくさんの白い線が四方八方に飛び出ている。

ぼくは線香花火っぽいなあと思ったんだけど、ちがう感じだったらすみません。

 

このウラギンシジミを見つけてから1時間くらいかかってしまったけど、なんとか目的の線香花火を撮ることができた。

大人げなく空に向かってガッツポーズをしてしまった。

それぐらいうれしかった。

欲をいえば2つの角から出ている所を撮りたかったんだけど、でも何だかぼくは満足してしまった。

今回はこれでおしまい。