自然と遊ぶlog

アウトドア活動の記録や役に立った道具の紹介をします

ムカゴを食べてみるよ

スポンサーリンク

秋の味覚、ムカゴを食べてみる。

 

ムカゴとは長芋や自然薯のツルにくっついている種芋のことです。

だと思っています。

 

ツルが枯れてムカゴが地面に落ちるとそこから新しい芽が出る。

そうやって仲間を増やしていくのだ。

ムカゴの大きさはBB弾からビー玉くらいのサイズが多い。

このようになっている。

f:id:sizento:20191016202452j:plain

f:id:sizento:20191016202508j:plain

f:id:sizento:20191016202522j:plain

f:id:sizento:20191016202500j:plain

見つけるコツは葉っぱを探すこと。

こういう形をしている。

f:id:sizento:20191016202441j:plain

 

細長いハート型だ。 

探すのが難しいと思うかもしれないけれど、

他の葉っぱよりもひと足先に紅葉するので意外と見つけやすい。

f:id:sizento:20191017201523j:plain

 

ちなみにこのツルの下に長芋(自然薯)がある。

この下だ。

f:id:sizento:20191016202447j:plain

 

山にある長芋のことを自然薯と言うのか。

長芋と自然薯はちがうのかわからない。

前にムカゴを取るついでに下を掘ってみたことがある。

これがなかなか大変で。

畑じゃないので地中には木の根っこがたくさんある。

土も固い。

石も出てくる。

それに深い。

15分くらい掘ったところで心が折れてしまった。

長芋って別に好きじゃないしな、とか。

取った所で後始末が大変だし、とか。

しょうもない言い訳が浮かんできたのがいい証拠だ。

思い付きでやることじゃなかった。

斜面になってて下に掘る量が少なくてすむ場所を探したり。

着替えや装備を整えたり。

下見と準備が必要だった。

良い場所が見つかれば挑戦してみようと思う。

 

 

話をムカゴにもどす。

山に行った時にコツコツ集めたのがこちら。

f:id:sizento:20191017201529j:plain

 

このくらいあれば食べごたえがあるでしょう。

 

では食べてみよう。

今回はベーコンとズッキーニを入れて炒め物にしてもらった。

f:id:sizento:20191018171515j:plain

 

味付けは塩コショウとコンソメ。

味は、抜群においしかった。

ムカゴはホクホクで少し粘り気があってほのかに甘い。

塩辛いベーコンと良く合った。

 

上の写真と合わせて4食分くらいはあるんだけど欲を言えばもっと食べたい。

でも、ぼくの行く山の行動範囲ではムカゴはもうなくなってきている。

ある程度の量を採るには新しい場所に探しに行くしかない。

ちょっと手間だけど、でもその価値は十分にあると思う。