自然と遊ぶlog

アウトドア活動の記録や役に立った道具の紹介をします

犀川ルアー フィッシング(また逃す)

スポンサーリンク

また飛び過ぎダニエルでニジマスをねらう。

行くのは同じ川だけど下流の護岸された所で釣ろうと思う。

ここは川の中央に向かって巨石が積み重なるように護岸されている。

おかげで川の中に入らなくても流心の近くまで行ける。

その巨石の上に立って下流側に向けてルアー を投げてブルブルさせながらゆっくり引いてくる作戦だ。

 

川に着いた。

f:id:sizento:20191216060959j:image

 

時間は14時。

冬は暖かくなる日中の方が魚もやる気があるでしょう。

たぶん。

ちなみに今回はベイトリールとベイトロッドで釣る。

理由はとくにない。

大遠投しなくても良いからね。

では投げていこう。

 

ヒュッ。

 

ポチャン。

 

ブルブル。

 

ブルブル。

 

ブル、クンッ!

 

アタリだ。

ビシッと竿を立ててアワセる。

ズンと竿に重みが伝わった。

うまく乗った。

 

やっぱり!

この場所はいると思ったんだ。

手応えからしてサイズは30センチくらい。

大きくはないけれどこの直線的な引きはニジマスだと思う。

巻けるのでどんどん巻いていく。

手前まで来た。

姿を確認する。

やっぱりニジマスだ。

あとは取り込むだけだ。

そこでなぜか、なぜかそのまま引き抜こうと思った。

腰にはランディングネットがあるのに。

グイッと竿を持ち上げてニジマスが水面から出た瞬間。

フッ、テンションが抜けた。

 

ポチャン。

 

・・・。

 

やってしまった。

 

前回の釣行に引き続きバラしてしまった。

 

バラす、とは魚を逃してしまったということです。

 

小さいし、ネットを出すことを面倒だと思った自分の判断ミスだ。

落ち着いて時間はかかっても良いのでネットでランディングするべきだった。

これからはそうしよう。

 

逃したけど飛び過ぎダニエルにニジマスが喰いつくことはわかった。

これは大きな収穫だ。

 

また、ダニエルの動きでも気づいたことがある。

前回の記事で激しくブルブルさせると書いたけど、その状態はもしかしたらルアーが回転しているだけの可能性が出てきた。

 

前回の記事。

www.sizentoasobu.com

 

というのも、激しめの流れに逆らってルアーを引いてきて回収するために水面からダニエルをもち上げると空中でクルクル回転しているのだ。

これって流れに負けてルアーが回転してしまっているということだよな。

回転しているということは当然ルアー本来の魚を誘う動きではないので釣れない。

ダウンの釣りでも流心は避けて流心わきの流れが緩やかな所を攻めた方が良さそうだ。

今回ヒットしたのもそういう場所だったしね。

 

この経験を活かしてまたがんばろう。