自然と遊ぶlog

アウトドア活動の記録や役に立った道具の紹介をします

ククサを作りたい

スポンサーリンク

ククサを作りたい。

と、つねづね思っていた。

f:id:sizento:20210124215219j:image

去年は良いコブが見つからなかったり、見つけたとしても作っている途中でこわしたりした。

 

それでなんだかやる気がなくなってしまっていたんだけれど、このあいだ山でコブだらけのダケカンバの木を見つけることができた。

 

f:id:sizento:20201218095310j:image

 

この木を見たとたんにやる気がふつふつとわいてきた。

ということで、またククサを作ろうと思う。

 

 

 

とってきたコブ。

けっこう大きめ。

f:id:sizento:20210123205219j:image

f:id:sizento:20210123205306j:image

 

まずはコブの皮をとる。

ペリペリとはがれるわけじゃないので、ノミを使ってコンコンはがす。

f:id:sizento:20210123205245j:image

f:id:sizento:20210123205329j:image

 

皮をとったら だいたいの形をきめる。

f:id:sizento:20210123205353j:image

 

皮をとる前と後ではコブの形が少し変わるから皮をとってから形を決めたほうが良いと思う。

 

ククサのくぼみの部分を彫る。

f:id:sizento:20210123205412j:image

 

先に外を削るよりも中を彫ったほうがいいみたい。

中を彫るには丸ノミとフックナイフを使う。

フックナイフはモーラナイフ。

モーラ・ナイフ Morakniv Hook Knife 164 Right

モーラ・ナイフ Morakniv Hook Knife 164 Right

  • メディア: スポーツ用品
 

 

 

コブの中の黒い点が気になるけれど気にせず彫りつづける。

ちょっと調べてみたら、小さいつぶつぶは葡萄杢(ぶどうもく)といって良い物とされているみたい。

ぼくはブツブツで気持ちが悪いなと思っていたんだけれど、そう言われてみれば良いような気がしてきた。

黒い点はわからない。

まあ、これも良い味になるのかな。

f:id:sizento:20210123205435j:image

 

 

中がだいたい彫れたら外側を削る。

f:id:sizento:20210123205453j:image

 

大きいコブをとってきてしまったので、まずはノコギリでいらない部分を切りとる。

f:id:sizento:20210123205511j:image

 

それからノコヤスリでガリガリと削ったりナイフで切って形をととのえていく。

f:id:sizento:20210123205525j:image

 

ヤスリは、木工ヤスリよりもノコヤスリのほうが良い。

ガリガリ削れる。

木工ヤスリはぜんぜん削れなかった。

 

 

外側の切りとった素材でスプーンも作ってみた。

模様が良い感じ。

f:id:sizento:20210123205548j:image

 

 

ククサはそれから、ちょっとずつ削っていってコップの形になるまでに3週間くらいかかってしまった。

f:id:sizento:20210124214717j:image

f:id:sizento:20210123205611j:image

 

すると、時間をかけすぎたせいか乾燥が進んで小さいひび割れができてきた。

だから今回はここまでにして、油をぬって完成とした。

使う油はこれ。

f:id:sizento:20210124215102j:image

 

一昨年とったクルミ。

まだあまっていたからそれを割って実をつぶしてそのままぬりこんだ。

乾燥が落ち着いてきたらもう少しうすく削ろうかな。

 

がまんできなくて紅茶をいれてみた。

f:id:sizento:20210123205743j:image

いいね。